2014年05月22日

愚怜展

ギャラリー愚怜での展示を終えました。
お忙しいなかお越しいただいたり、この機会にご連絡いただいたり、Facebookなどの暖かいレスポンスも含めて皆様ありがとうございました。期間中極力在廊に努めましたが、不在でご挨拶かなわなかったお客様には失礼をお許しください。
愚怜での展示も12年経ちます。いつも見てくださっているお客様が多いので、こちらからご説明差し上げる前に、変化を読み取っていただいて、いろいろなご意見をいただき、心を強くしました。あらたなお客様には飲み付けないものを感じられたかもしれませんが、またの機会もご覧いただけたらなあと願っています。
愚怜での展示を終えると一段落します、そしてそれは変化の大きな節目です。次回はこうしてみようかなとあれこれ気がつくこともありましたので、まだ枯れなさそうです。今暫くお付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。

DSC_1871.JPG
posted by 貴島雄太朗 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月13日

小林新さん

を知らなければガラス作家にあらず、、、というほど小林さんはいろいろなガラス作家と交流をお持ちで、年間数百の展示を見て歩く優しき猛者です。今日も多くの皆様とあわせるように展示にお運びいただきました「前世紀からのお付き合いですね」などとお互いムフフとしていましたところ新プロジェクトのお話しを伺いました。
当然小林さんに集まる展示会情報は大量膨大で、それを作家の水吉さんご夫妻が立ち上がり、ネットにアーカイブ化していくことになったそうです。ガラス展示にご興味あるかたにはもちろん、今のガラスを知る一番良いサイトになること確定のコンテンツです。
私のDMも掲載していただきました。
新(あらた)ちゃんのガラス情報をどうぞご覧ください!
これからはスキャニング用に2枚ハガキを送らせていただくことに決めました。
posted by 貴島雄太朗 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月10日

作品修理について

先の展示中お客様が、二年前にお求めいただいて縁の欠けてしまったタンブラーを持ってきてくださいました。欠けてしまったのは残念ですが、二年間よく使っていただいたことは嬉しい限りで、持ち帰り早速研磨修理しました。飲み口がシャープなタンブラー、二年前のときより綺麗に仕上ってしまいました!ペアだったので、もひとつもついでにバージョンアップ!

DSC_1815.gif

こんなこともありますので、今度の愚怜展、今までお求めいただいた作品でお気づきのものあらば、是非お持ちください。直せるものは直しますし、無理だったら他のものに変身させられるかもしれません。ご遠慮なくお申し付けください。
明後日からの愚怜展を控え、テンパっているわけではありますが、お知らせいたします。
posted by 貴島雄太朗 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月08日

本郷にて

真鶴での展示、近辺のお客様を中心にゆったりと休日を楽しんでいただくことができました、どうもありがとうございました。
続きまして、恒例の本郷ギャラリー愚怜での展示が始まります。
太陽燦々と降り注ぐ真鶴aToと闇を感じさせる愚怜、展示環境に多いに左右されるガラスがどう映え、どんなご意見を伺えるか、一番楽しみにしているのは私かもしれません。

DSC_1654.JPG

続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと