2009年09月13日

初秋の風景

工房はまだまだ暑く、半日も作業をしているとすっかり消耗してしまいます。
夏の疲れか、それとも歳のせい。人生も早秋の砌ということでしょうか。
厳しい晩夏の工房をよそに、庭では季節の移ろいを感じさせてくれます。

DSC_3937.JPG
年によって違うのですが、今年は彼岸花がいっぱい出てきました。例年より少し赤みが薄いような気がします。びゅーんとまっすぐに伸びて、ぱたぱたと折り畳み傘を開くように花を咲かせる様子は、植物というよりロボットみたいです。
庭の一方では、まだサルスベリが花を残しています。彼岸花とサルスベリが重なるなんて、やはり今年の夏はおかしかったんだなあと思いました。

DSC_3918.JPG
そして、切り株には違うキノコがたまごボーロみたいにぽこぽこと湧きました。
「もしかして、こんどこそいけるかも?」と思わせる色合いで、触り心地もさらさらぷよぷよたいへんよろしいです。


posted by 貴島雄太朗 at 22:35| Comment(5) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと
この記事へのコメント
キノコ…しめじに似てません?
いけるかもしれないですよ!
Let's try!!!
感想まってまーす。
Posted by コグマニア at 2009年09月14日 02:07
おいしそうでしょ。
でも、香りがちょっと違う感じであやしいのです。
水煮の瓶詰めにして、こぐまにあさんにもお贈りしちゃおかな?カナダの秋の味覚って何があるのかなあ?
Posted by きじま at 2009年09月14日 06:57
カナダの秋の味覚は…。
何でしょうね。
こっちもキノコとかかしら。
そういえばこちらでも松茸取れるらしいですよ。
ちょっと遠出しないと無理みたいですが。
なんちゃってしめじの水煮まってます!!!
Posted by コグマニア at 2009年09月14日 15:06
ひゃ〜カナダのまったけかい!
彼の地の秋の味覚を是非楽しんで来てください。
今日、植木屋さんが来まして、あのシメジモドキはいかんとおっしゃっていたので、水煮はあきらめることにしました。
Posted by きじま at 2009年09月14日 20:38
何年か前に、白い彼岸花が庭に咲くを見て 
それから探しても
私の住んでる町周辺でも彼岸花といえば
赤か黄色で 白は見た事ないです
今年も咲いているのですか??
Posted by しげ at 2009年09月14日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32107357

この記事へのトラックバック