2007年10月01日

加工機2号!

ガラス研磨の機械を導入しました。

カットガラス機械のトップメーカー、亀戸の「黒島鉄工所」製です。もう引退するんだから作らないよ、とおっしゃるのを無理にお願いして、制作してもらいました。
見た目のお愛想もなく無骨な機械ですが、耐久性と正確さは折り紙付きです。毎日朝から晩まで使っても、恐らく僕が死ぬまで壊れません。そして使っていくほど精度が上がっていくという、ハンドメイドの超精密機械です。

5915.JPG

10年前に購入した1号機を先日点検してもらったら、「まだ新品だよ」と言われてしまいました。いまどきの機械類は、軽量化や寿命設定の短縮などばかりですが、この誠意と良心のかたまりは、小型卓上仕様でも70kg!頼もしい限りです。

いままで1台しかなかったので、作業の混雑の原因になっていました。今日から2台体制なので、問題解決です。
posted by 貴島雄太朗 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5669454

この記事へのトラックバック