2014年05月10日

作品修理について

先の展示中お客様が、二年前にお求めいただいて縁の欠けてしまったタンブラーを持ってきてくださいました。欠けてしまったのは残念ですが、二年間よく使っていただいたことは嬉しい限りで、持ち帰り早速研磨修理しました。飲み口がシャープなタンブラー、二年前のときより綺麗に仕上ってしまいました!ペアだったので、もひとつもついでにバージョンアップ!

DSC_1815.gif

こんなこともありますので、今度の愚怜展、今までお求めいただいた作品でお気づきのものあらば、是非お持ちください。直せるものは直しますし、無理だったら他のものに変身させられるかもしれません。ご遠慮なくお申し付けください。
明後日からの愚怜展を控え、テンパっているわけではありますが、お知らせいたします。
posted by 貴島雄太朗 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96133867

この記事へのトラックバック