2007年12月06日

もみじ

6277.JPG

今年は、夏が厳しかったこと、植木屋さんに高枝を整理してもらって日当たり風通しがよくなったこと、ここにきてキュッと寒くなったことで、庭のもみじがいままで見たこともない朱になりました。
冬の低い日差しが、朱を一層きわだたせます。

そういえば。。。
posted by 貴島雄太朗 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年10月04日

定期工事

このところ、ブログ更新が頻繁なのは、ガラス制作を休んで工房のメンテ工事をしていたからでした。

・先週の木曜日作業終了後からちびちび降温
・金曜午後にぷつっと消火
・土曜日にまだアツアツの炉内修理と坩堝交換
・日曜からほんわり点火
・月曜火曜は轟々と坩堝焼き締め
・ほんとなら水曜からばりばり作業再開

という最速のペースだったんですが、風邪などのため本日午後よりゆっくりスタートしました。
手伝ってくださったみなさん、どうもありがとうございました。

来月に大きな納品が3件あります!それも搬入ほぼ同日。
始める前からテンパっていますが、
おニューの坩堝でしっかり働きます。
posted by 貴島雄太朗 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年10月02日

FIKKNY展

彫金アクセサリー展のお知らせです。

黒木アトリエで、お世話になっている彫金作家の亀井陽先生、コタキヒロミさん、吉田正樹さんが、お仲間と展示を行っています。

FIKKNY.jpg

一般的に金銀アクセサリーは、原型を蝋などで作って型に流し込んでパコパコ量産するんですが、亀井派の作家たちは金属を融かして、鍛えて、切って、削って、鑞付けして、磨いて、石を留め・・・一点しかないオリジナル作品を制作しています。

亀井先生は日本伝統の彫金技術と中東に古代からつたわる技術をお持ちで、鋭い審美眼、高いセンス、明るくて愛らしいお人柄で素晴らしい作品を生み出しています。
コタキヒロミさんはヨーロッパの本場フィレンツェでも修行し、正確無比、崇高なまでに完璧な作品を、吉田正樹さんはモチーフを独特の切り口で捉えて、怪しくも美しい作品を制作されています。

お三方とも素晴らしい作家です。アクセサリーの価値観が変わる展示とも思いますので、是非ご覧下さい。

10/2(火)〜7(金) 11:00〜19:00 最終日17時まで

ギャラリーサロンドフルール
南青山5-7-25 03-5485-8748
(スパイラルの裏手にあります)
posted by 貴島雄太朗 at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年09月30日

・・・

母が壁紙を張り替えたがっているのですが、知り合いの内装屋さんが忙しくて、なかなか来てくれません。
そこで実力行使。
孫たちに「クレヨン持ってきなさ〜い!」と号令を掛け、このようになりました。

5901.JPG
う〜ん、最近の子供たちはゲームばっかりやっているせいか、
落書きさえしっくり来ないなあ・・・

そこで、雄太朗おじさんも少し指導しました。
5908.JPG


これを見た内装屋さんは、「いいですねえ、しばらくこのままにしときましょう」と言って帰っていきました。しまった、逆効果だった。
実のところ母も結構気に入って、「かえって寂しくないわね」などと言ってます。いつまでこのままにしとくのかな?
posted by 貴島雄太朗 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年08月17日

小さい秋見つけた

と歌いながら、小峰さんが見つけたのが青いどんぐり。

5539.JPG

あの記録的な猛暑のなかでの作業に、疲労困憊のはずなのに・・・。
この余力というか季節を愛でる懐の深さに感服。
posted by 貴島雄太朗 at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年08月16日

小峰造園

ブログ更新甚だサボっておりました。
このところの暑さもあり、ガラス制作は控えめに、教室対応、出張、打合せ、事務といったことに励んでおりました。

というわけでご紹介するようなことも少なく・・・
posted by 貴島雄太朗 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年04月24日

金蘭 2007

5032.JPG

今年も庭の金蘭が花をつけました。
具合としては平年並みかな?
posted by 貴島雄太朗 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年04月19日

片づいた!!

4965.JPG

こんなに工房が片づいたのは、何年ぶりのことでしょうか。。。
あまりに珍しいことなので、思わず写真を撮ってしまいました。
(変な画像ですが超広角の対角魚眼レンズは天井とつま先を一緒に写せます)
うちの工房はプレハブの狭い安普請ですが、床は足に優しい煉瓦と板張りの手作りハイブリッド床です。コンクリート床と比べるとだいぶ楽なのが唯一の自慢です。

しかし、片づいているということは仕事が無くて暇ってことか?
いやいや、少し心と体にゆとりができたということだ!
そう思わなければやっていけない自営業です。
posted by 貴島雄太朗 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年04月05日

ほっと一息

トラブルがなければ今頃制作再開だったのに、一筋縄ではいかない溶解炉。
教室の皆さんはじめ、あまり店番できなかった東急のみなさん、あちこちに迷惑をかけながらの工事です。
今日でなんとかなるはず。。。

4940.JPG

満開の一輪草を見てほっとひといきついたところです。
滲んでいるのは涙ではなく、とっておきのDC Nikkorであります。
posted by 貴島雄太朗 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年03月31日

坩堝交換工事

工房では、半年に一度のサイクルで坩堝交換などのメンテ工事を行っています。今週末はちょうどそれで、みんなに手伝ってもらいながら順調に作業を進めています。

4897.JPG 炉のバーナーを分解点検清掃!

10年以上もやっているとさすがに慣れてきて、主な部分は今日で目処がつきました。明日にも点火したいところです。
posted by 貴島雄太朗 at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年03月29日

一輪草

当家の名物、一輪草が咲き始めました。

4815.JPG


この二日間の暑さで、大急ぎで蕾を膨らませて、パッと開いたところです。
福寿草の黄色、かたくりの紫、そして一輪草の白が私の春の色です。

お花が咲くのは素晴らしいことなんだけれど、この週末は坩堝の交換工事です。そうでなくても嫁にも疎まれる毎日埃まみれの仕事なのに、とどめを刺されるような半年に一度の作業。。。
工事前最終の二日間の制作効率が惨憺たるものだったこともあり、始める前からだいぶ滅入っています。そんなときにかぎって、ろくなことが起きません。工事の手伝いに来てくれるみんなも含めて、怪我のないように気を付けなければ!
posted by 貴島雄太朗 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年03月14日

かたくり

4707.JPG

ここ数日、寒の戻りが感じられますが、暖冬の影響からか早くもかたくりが花をつけました。確か昨年、日陰から比較的日当たりのよいところに植え替えたもので、まだしっかり根付いていない感じです。背丈も低く、撮影するのに這い蹲ってしまいました。
でも、日なたに寝っ転がってみれば、春の日差しは十分過ぎるほどで、これなら花が咲いてもおかしくないと実感。
posted by 貴島雄太朗 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年02月19日

パウンドケーキ

前出のイラストレーター宮内ヨシオの本を見て、教室の生徒さんがケーキを作って、工房に持ってきてくれました。そして迷わずティー・タイム。

4558.JPG

ヨーロッパスイーツ街道の第2章イギリス・スコットランド地方のパウンドケーキです。とっても嬉しかったので、御紹介まで。

味...? もっちろん満点です!
posted by 貴島雄太朗 at 13:57| Comment(5) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年02月08日

福寿草2

花数は少ない今年ですが、咲けばやっぱり綺麗なものです。

4522.JPG

べったり日の丸構図でお恥ずかしいですが、
この黄色の鮮やかさは息を呑みます。
posted by 貴島雄太朗 at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年02月05日

春かな?

という様子で、庭の春一番、福寿草が顔を出しました。

4507.JPG

暖冬の影響なのか、いつ出てくればいいのか逡巡していたようで、
勢いがないような、、、そしてサイズも例年とくらべて遠慮がちです。
冬、しっかり寒くないと、春の花は色味がよろしくないようで、
福寿草にもそんな影響が出ているようです。

このまま暖かくなってしまうのは、環境的にも、業務的にもあまりよくありません。
posted by 貴島雄太朗 at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年01月24日

宮内ヨシオの本

しばらく前にこのブログで御紹介させていただいた、イラストレーターの宮内くん。
たいへん多くのかたにご覧いただきました。どうもありがとうございました。
そして、今回は書籍の御紹介です。
posted by 貴島雄太朗 at 20:04| Comment(5) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2007年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

先月はブログ更新をだいぶ怠っていましたが、年も改まり、また再開します。たいしたことを書いているわけでもありませんが、またお付き合いください。

元旦は、のんびり堅気のお正月を過ごしました。
いただいた賀状のお返事を書いたり、近所にお参りに行ったり。。。

自慢すべきは、色葉のおせちです。祖父から伝わる百年前の津軽のお重に盛り込んでもらいました。ちょっと奮発しましたが、良心的な内容に大満足。

4401.JPG

大切な、ムラノのGeremia工房と、大平洋一先生のゴブレットで乾杯。良いお正月、この一年の家内安全を父の神前に祈念しました。
posted by 貴島雄太朗 at 23:05| Comment(6) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2006年11月15日

ILLUSTRATOR 宮内ヨシオ

MITATEでの展示のなかで嬉しかったことのひとつに、幼なじみの宮内ヨシオくんが来てくれたことがあります。
宮内くんとは小学校低学年からのつきあいで、そんなころから絵を描くのが大好きな少年でした。その後がんばって美大を卒業し、会社勤務を経て今ではプロのイラストレーターとして独立しています。
続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2006年10月01日

半期に一度

ガラス工房は定期的な坩堝交換と各種メンテ工事をしなければならず、この週末にかけてゴリゴリと進めています。
ひとりでやったら、とても滅入ってしまうような作業ですが、週末の工房メンバーにお手伝いいただいて順調です。何年も来ているひとたちも多いので、さすがに手慣れていて大変助かります。

木曜の夜中に火を消して、土曜には解体、翌日の日曜夕方には組み立てて再点火できました。今まで十年やってきて、一番早いかもしれません。

火を止めている間(二日間だけですが)ちょっと息を抜けました。昨日の夜は近所の中国整体+足ツボに試しに行ってみたら、激痛のツボ数カ所発見。それが全部胃のツボでした。
あまりに意外ですが、胃が弱っているらしい。自覚症状がまったくないのが怖い。

posted by 貴島雄太朗 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2006年09月22日

彼岸花

久しぶりに、庭に花が咲きました。

01.JPG

白い彼岸花です。
赤いのは以前から庭にありましたが、植木屋さんのおじいちゃんが「白いのは珍しいから」といって二年前に植えてくれました。秩父の巾着田で白いのを植えたら、みんな盗まれてしまったそうで、それくらい珍しいんだそうです。

今週からキンモクセイも咲き出して、庭一杯に香りがしていますが、以前誰かが「芳香剤」みたいだなあと言って以来、我が家では人気がた落ちです。
posted by 貴島雄太朗 at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと