2015年05月20日

愚怜展無事終了いたしました

本日、愚怜展無事終了しました。
お立ち寄りいただいたお客様。コメント頂戴したお客様、皆様ありがとうございました。
制作環境は厳しくなるばかりの昨今ですが、なんとか続けろよというお言葉をいただけたような気もしております。ギャラリーオーナーからは、次回のご指示もいただきました。

NXimg_01_01.JPG

これからシーズン本番です。今季はイベントや展示の機会を、例年より多くいただいております。気力を途切らせないように進めて参ります。都度ご案内させていただきますので、引き続きよろしくお願いいたします。
posted by 貴島雄太朗 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2015年05月05日

恒例 愚怜展

毎年お世話になっている、本郷ギャラリー愚怜での展示が来週5/11月曜日より始まります。
皆様のお越しをお待ちしておりますので、お立ち寄りいただけましたら幸いです。

NXimg_01.JPG
今年の新作テーマは「曖昧な矩形」。そういう気分なのです。




続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2015年02月25日

暮らしの中の骨董マーケット

暮らしの中の骨董マーケット、月曜日に無事終えることができました。みなさまどうもありがとうございました。
いつもとは違う環境での展示販売、良い時間を過ごすことができました。
なかでも興味深かったのが、我々は日頃、制作の面白さを糧に販売も頑張らねば、と思うことが多いのですが、骨董の仕事は、何が面白いって、仕入れが面白いのだそうです。まして、西洋骨董の専門家のみなさん、仕入れは旅そのもの。そして販売も全国の骨董市を行脚する、まさに旅人です。旅人達は、骨董を通じて、かの地の歴史文化や生活の匂いを伝え、我々の暮らしに厚みや深みをもたらしてくれる人たちなのだということがわかりました。
そんなみなさんとご一緒の店頭では、私はガラスのなんちゃって鑑定士になって、イギリスのプレス製のガラス皿などの販売もお手伝いしたり、サルビアッティのゴブレットの作り方などをご説明したり、違う切り口でちょっとだけお役に立つこともできました。
posted by 貴島雄太朗 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2015年02月11日

骨董マーケットに参加します

2/17火曜日〜23月曜日
西武池袋本店7階催事場で行われる「暮らしの中の骨董マーケット」に、川部倫子さんと参加します。

86037.jpg
続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年10月25日

久々の坩堝交換

今年1月に入れた坩堝は、とても長持ちして10ヶ月経とうとしているのにまだまだ持っていました。でも劣化はガラスのほうに現れてきて、生地に少しグレーが出てくるようになってきました。瞬時停電があったのがきっかけではありますが、これを機会に坩堝交換を決めました。

IMG_2640.JPG
坩堝にガラスを多めに残すと、火を落としてもゆっくり冷めてくれます。

IMG_2641.JPG
ガラス一杯だと重いので、4つにチョーップ!

IMG_2642.JPG
取り出した残骸は、このあと細かく割ってリサイクル。貴重なガラス原料になります。

IMG_2643.JPG
坩堝を取り出したあとの炉床は綺麗でした。

今年からスウェーデンのグラズマ社の原料に変えたところ、価格は高めですが、熔解温度が低いので炉や坩堝のダメージが小さく、坩堝交換のサイクルが伸び、補修の程度が軽くなりました。でも肝心のガス代は単価UPが激しく、使用量を抑えても支払いは増えるばかり。努力の限界とっくに超えてます。





posted by 貴島雄太朗 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年09月07日

のばなありがとうございました

のばなArtwork in Ginzaにての、大西由貴さん、鳴海多恵子さんとご一緒させていただいた展示、おかげさまで無事おひらきとなりました。自作品をご覧いただけたこともさることながら、大西さん、鳴海さんとの交流を作品含めて深めることができたのと、ちょうど展示されているミキモトさんとウインドウも見ていただいたりと、立体的なイベントとすることができたようです。お立ち寄りいただいたお客様、気にしていてくださったみなさま、ありがとうございました。続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年08月23日

展示のお知らせ

銀座2丁目にある「のばなArtwork in Ginza」で今年も3人展に参加させていただきます。彫金の鳴海多恵子さん、大西由貴さんとご一緒です。

8/28〜9/6
銀座2-4-1 銀楽ビル3階
090-6547-2543

nobana14.gif

今シーズンラストの展示の機会です。おりしも、銀座4丁目ミキモト本店のウインドウでは、ガラスの海月がゆったりと光を放っています。お出かけの機会がございましたら、どうぞご覧くださいませ。
posted by 貴島雄太朗 at 07:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年07月02日

笠間のすみとさんで

おなじみの笠間のグラスギャラリーすみとさんで「グラスと酒のうつわ」を紹介する展示が開催されます。私はVol.1として、7/12〜8/3まで、夏休みの前半をカバーする期間に参加させていただきます。その後8月末までは別の仲間がVol.2に参加します。お出かけの機会がございましたら是非すみとさんにお立ち寄りください。夏の陽射しに輝くガラス達をお楽しみいただけましたら幸いです。

すみと.jpg
posted by 貴島雄太朗 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年06月10日

ねりまだいこんが来た!

練馬大根といえばタクアンになる大根のことですが、「ねりまだいこん」は地元特化のお笑いコンビのことで、地域の子供たちに人気のキャラクターです。そのおふたりとアナウンサーの二瓶永莉さんが、先日工房に遊びにみえました。
ケーブルテレビJCOMの地域情報番組ジモトピ練馬・新座・和光の取材です。ディレクターさん達含めてみなさん好青年、工房に爽やかな風が吹きました。私もだいぶ元気をわけていただきました。取材チームのみなさんありがとう!
その様子、6/16から一週間にわたりローカルではありますが比較的広範囲で複数回放送されます。JCOMに加入していらっしゃるかたがいらっしゃいましたら、どうぞご覧ください

daikon.JPG放送スケジュールは
posted by 貴島雄太朗 at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月22日

愚怜展

ギャラリー愚怜での展示を終えました。
お忙しいなかお越しいただいたり、この機会にご連絡いただいたり、Facebookなどの暖かいレスポンスも含めて皆様ありがとうございました。期間中極力在廊に努めましたが、不在でご挨拶かなわなかったお客様には失礼をお許しください。
愚怜での展示も12年経ちます。いつも見てくださっているお客様が多いので、こちらからご説明差し上げる前に、変化を読み取っていただいて、いろいろなご意見をいただき、心を強くしました。あらたなお客様には飲み付けないものを感じられたかもしれませんが、またの機会もご覧いただけたらなあと願っています。
愚怜での展示を終えると一段落します、そしてそれは変化の大きな節目です。次回はこうしてみようかなとあれこれ気がつくこともありましたので、まだ枯れなさそうです。今暫くお付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。

DSC_1871.JPG
posted by 貴島雄太朗 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月13日

小林新さん

を知らなければガラス作家にあらず、、、というほど小林さんはいろいろなガラス作家と交流をお持ちで、年間数百の展示を見て歩く優しき猛者です。今日も多くの皆様とあわせるように展示にお運びいただきました「前世紀からのお付き合いですね」などとお互いムフフとしていましたところ新プロジェクトのお話しを伺いました。
当然小林さんに集まる展示会情報は大量膨大で、それを作家の水吉さんご夫妻が立ち上がり、ネットにアーカイブ化していくことになったそうです。ガラス展示にご興味あるかたにはもちろん、今のガラスを知る一番良いサイトになること確定のコンテンツです。
私のDMも掲載していただきました。
新(あらた)ちゃんのガラス情報をどうぞご覧ください!
これからはスキャニング用に2枚ハガキを送らせていただくことに決めました。
posted by 貴島雄太朗 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月10日

作品修理について

先の展示中お客様が、二年前にお求めいただいて縁の欠けてしまったタンブラーを持ってきてくださいました。欠けてしまったのは残念ですが、二年間よく使っていただいたことは嬉しい限りで、持ち帰り早速研磨修理しました。飲み口がシャープなタンブラー、二年前のときより綺麗に仕上ってしまいました!ペアだったので、もひとつもついでにバージョンアップ!

DSC_1815.gif

こんなこともありますので、今度の愚怜展、今までお求めいただいた作品でお気づきのものあらば、是非お持ちください。直せるものは直しますし、無理だったら他のものに変身させられるかもしれません。ご遠慮なくお申し付けください。
明後日からの愚怜展を控え、テンパっているわけではありますが、お知らせいたします。
posted by 貴島雄太朗 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年05月08日

本郷にて

真鶴での展示、近辺のお客様を中心にゆったりと休日を楽しんでいただくことができました、どうもありがとうございました。
続きまして、恒例の本郷ギャラリー愚怜での展示が始まります。
太陽燦々と降り注ぐ真鶴aToと闇を感じさせる愚怜、展示環境に多いに左右されるガラスがどう映え、どんなご意見を伺えるか、一番楽しみにしているのは私かもしれません。

DSC_1654.JPG

続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年04月26日

展示のお知らせ 真鶴と。。。

一昨年、初めて展示させていただいた、真鶴のギャラリー aTo にて、GW期間中に展示させていただきます。休日のお出かけの味付けにお立ち寄りいただけましたら幸いです。

86018.jpg
そして
posted by 貴島雄太朗 at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年02月24日

色テストを兼ねて

たまには過程をアップしてみてもいいかなと。
少し滲んだ部分が欲しいなと思いました、でも写真ではあまり写りませんでした。

DSC_1305.JPG DSC_1311.JPG


出来云々は別にして、NIKKOR 50mm f1/1.4Dの落ち着いた写りが好きなこのごろです。
Gレンズだとどうなんだろうなぁ。もっといいんだろうなぁ。
posted by 貴島雄太朗 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年02月18日

ありがとうございました

石神井公園 KnulpAA Gallery での展示、本日終了いたしました。
悪天候や足下の危ない状況にもかかわらず、多くの皆様においでいただきました。御礼申し上げます。
雪に阻まれ、お店に伺えない日もありました。不在の折にお立ち寄りいただいたお客様には大変失礼いたしました。
ご覧いただけたお客様には、少し早い春を感じいただけたでしょうか?機会がございましたら感想などお寄せいただけましたら幸いです。

DSC_1232.JPG DSC_1252.JPG 

新しくなったお店は、以前より居心地がよいうえに作品も映えました。ガラスは環境に左右されやすい素材なのですが、お店では自然光と照明のバランスが大変良く、演出が過度にならないので、お客様に色を信じてもらえるというか、信頼できる空間で嘘のない展示ができました。今後は、少し常設もご検討いただこうかと思っています。
posted by 貴島雄太朗 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年01月31日

地元で展示

2/11火曜日より、石神井公園駅近くのknulpAA Galleryで展示をさせていただきます。knulp AAでは2回目の展示です。お店は駅により近くなってリニューアルされました。オーナーの町田さんがじっくりと練って立ち上げた居心地のよいお店です。是非お立ち寄りください。
詳細は、お店のサイトをお訪ねいただけましたら幸いです。

DSC_1222.JPG 制作風景より
posted by 貴島雄太朗 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2014年01月02日

あけまして

おめでとうございます。と爽やかな作品画像でも添付してご挨拶させていただきたいところですが、暮れに炉が瞬停失火で緊急停止。。。大晦日に慌てて坩堝屋さんに走り、正月二日は坩堝交換工事と相成りました。でも今日は、小樽勤務で実家に帰省中の旧友が急遽駆けつけてくれたおかげで、折れた心も持ち直し無事工事完了しました。

というわけで、ガラス満タンでまっぷたつになった坩堝の画像でご挨拶。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
DSC_0753.JPG
posted by 貴島雄太朗 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2013年11月24日

HIKKKKNNY展

11/29から、代官山ヒルサイドテラスのギャラリーで展示があります。
亀井陽先生はじめとする彫金の先生方の展示にまぜていただきます。展示会自体は、もう何度も回を重ねていて、いつも素敵な場所で行われています。
作品は一般のジュエリーとは一線を画すものばかりです。一個づつ手作りのこともあり、どれも命を秘めているような趣があります。そのせいか、市販のものよりもむしろ私たちになじみ深い肌合いや暖かみを持つ作品が多いです。作品のほとんどは、一般に紹介される前に個人のコレクションに収蔵されるので、なかなか見る機会がないものばかりの貴重な展示会です。
名前が風変わりなのは、参加者のイニシャルを並べる習わしなのです。

86011.gif
HIKNY.gif

私にとっては、本年最後の展示です。今期から取り組んでいるガラスのバングルを展示させていただく予定です。
posted by 貴島雄太朗 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2013年11月17日

もみのき

銀座のもみの木作りをお手伝いさせていただきました。
ミキモト本店のジャンボクリスマスツリー2013 今年のテーマは「宝石箱」
心を込めて制作させていただいたガラスを綺麗に飾ってくださいました。
最先端のLEDの光の世界とあわせて楽しんでいただけましたら幸いです。

DSC_9913.JPG

ツリーに添えられたコピー
「さあ、宝石箱を開けましょう。煌めく季節の始まりです。。。。。。。。」
ここから先はツリーの麓でご覧ください。たおやかなことばには心打たれます。
丁寧に編まれたことばは、広告宣伝活動という枠を遥かに越えて、
一線でがんばるクリエイター達の熱い思いと、お客様の心を結んでくれることでしょう。
posted by 貴島雄太朗 at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと