2006年04月23日

散々だ・・・

今日はまったく前進しない一日だった。
午前中のお教室では人手が足りず「センセ〜!」という名の奴隷に徹し。お昼の吹き硝子体験のお客様は渋滞のうえ道に迷ってしまい、1時間近く一通地獄で右往左往。午後の制作では、可愛いマキコ2号が割れたガラスで指を深く切ってしまい、貧血気味で目眩くらくら。とどめはK野さんとマリ子ちゃんの極悪コンビが、炉の扉を大破損。
元気で機嫌が良かったのは、GWに色葉で個展のコバケンだけだ。

2790.JPG

炉の扉は至急再制作した。今度はステンの金網を型枠に仕込んで、高級特殊耐火セメントを流し込んでみた。こうすれば耐震はおろか耐火耐熱強度ばっちり。もうだれにも壊させません。
明日こそ少しは自分の製作を進めるぞ〜
posted by 貴島雄太朗 at 20:08| Comment(3) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月13日

工事完了

坩堝は割れずに焼成完了!
トラブルの多かった今回の坩堝交換工事もようやく終了しました。
今日明日で試運転し、土曜から制作活動開始します。

教室の皆さんはお待たせしてしまうし、注文制作は滞るし、個展の準備はこれからだし、この先数ヶ月、どうなることやら。。。

おっと、愚痴っぽくなる前に今年の一輪草を紙芝居でどうぞ。
posted by 貴島雄太朗 at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月11日

1450℃

やっぱり腰にきた。でも、昨日はうまく休めたので助かった。
一昨日点火した炉が、ようやく最高温度の1450℃に達した。

2714.JPG

素焼きの坩堝を最初は焼き締めないといけないので、運転温度域よりも高めに設定して12時間ほどキープする。うちの場合、1160℃から1350℃までが運転域なので、1450℃にしている。そうすると坩堝が硬く締まって、ガラスによる浸食も少なくて済む。

さすがに1450℃にもなると、その様子は迫力がある。
画像は炉の口の部分だが、陶器でできた厚さ5cmの蓋がかけてある状態で、
それでもなお猛烈な白熱を呈する。このあと、1200℃程度まで徐々に下げていくが、蓋をあけると中の坩堝がぱっくり割れていることもある。
かなり疑心暗鬼。。。
posted by 貴島雄太朗 at 19:10| Comment(1) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月09日

せっせと働く

工房の工事が長引いているが、ようやく目処がついてきた。
あとは、今日点火した炉を丁寧に昇温すれば大丈夫、と思う。

2657.JPG

ガラス工房は陶芸などと違って極めてマイナーな業種なので、一部の専用工具以外ほとんど売っておらず、大抵は自作しなければならない。この時期は電動工具を使っていろいろ作ったり直したりする。おかげで日曜大工は結構上手くなる。
やっていて面白いけれど、素人には大変な作業ばかりだ。
今日も、作業台に使う厚手の鉄板をばりばりと磨いた。これでみんなが気持ちよく作業してくれたらいいなあと思いながらも、ほんとは明日の腰が心配だったりする・・・。
posted by 貴島雄太朗 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月08日

満開

一輪草が満開になった。
午前中は天気がめまぐるしく変わったので、花もどっちに向いていいかわからなかったみたいだ。

2651.JPG

今日もみなさんお手伝いありがとうございました。
作っていただいたものを、来週から実際に使っていきますが、多少の不安と責任を感じる一方で、作った道具に愛着が出てくると思います。そういうところも工房活動の面白さです。
posted by 貴島雄太朗 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月05日

やってしまった・・・

昇温中の坩堝が割れてしまった。否、割ってしまった。

楽しみにしていてくれた教室のみなさんや、体験予定のお客様ごめんなさい。

これから展示の準備などで強烈に忙しくなるはずなのに、全てが一週間遅延。
生来ずぼらで、どこかテキトーになることが多く、何年かに一度こういうちょんぼをやる。今回もどうかなと思いながら、ぎりぎりのところでオッケーと決めたが、やっぱり甘かった。

でも、以前だと蒼くなって大変慌てるのだが、今回は何故か全然慌てていない。歳とって諦めがつくようになったのか?膨大なしわ寄せが来るのが分かっていても、この数日強制的に休めることに安堵しているのか?
いずれにせよ、精神が健康でないことだけは確か。
posted by 貴島雄太朗 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月04日

ようやく点火

庭が見頃を迎えている。一輪草の元気が出始めたようだ。
2604.JPG 2603.JPG 一輪草とかたくり

今度の週末に間に合わせるために、本日溶解炉を点火した。今回は、空気を圧送するブロァの負担を軽くするために配管に細工を施したり、バルブを交換したので、空燃比の調整が大変だ。
明日の夜は慣れない徹夜かなあ、そう思うと今から眠い。。。
posted by 貴島雄太朗 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

教室展パート2

先にご案内のとおり、本日より9日まで西荻の懐石茶房色葉にて教室展を開催します。

2598.JPG

上品でアットホームなよいお店です。是非お立ち寄りください。
posted by 貴島雄太朗 at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | そのほか

2006年04月03日

まだまだ工事中

今日もみなさんお手伝いありがとうございました。
お陰様で、古い坩堝を撤去して新しい坩堝を設置できました。
しかし、坩堝のサイズを少し変えてみたら、炉内ぎりぎりの寸法で、
もしかしたら昇温中に割れるかも。。。。そしたら一週間延期です。

2550.JPG

今日は作業を早めにあがって、お馴染み歌舞伎町の焼肉大邱家にて教室展をドーンと打ち上げた。久しぶりで美味かったなあ〜。
関係者のみなさま、アルバムアップしましたのでご覧ください。
posted by 貴島雄太朗 at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月31日

今日は大掃除

昨日で火を落とし、いよいよ工事を始めるが、それ以前にこの半年であまりに散らかりすぎた。。。
正直なところ、片づけまで気力/体力が残らない半年ではあったが、みなさんに少なからず不愉快な思いをさせていたと思う。
ごめんなさい。

2523.JPG 火を落として静かな熔解炉 
続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月30日

教室展

光が丘で開催していた教室展が本日無事終了しました。
多くのお客様にご覧いただき、みんなの励みになりました。
ありがとうございました、この場を借りて御礼申し上げます。

しかし、これでは終わらない!
posted by 貴島雄太朗 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月29日

週末から工事!

吹きガラス工房は、ガラス溶解炉を定期的に止めて、坩堝交換や補修工事をしなければならない(それ以前に、工事しない限り毎日毎晩火を焚きっぱなしの場所です)。うちではだいたい半年おきに工事をするようにしていて、今日で火を落とし、週末から補修工事を始める。大工、左官、配管と作業は多岐にわたるが、全部自分達でやらなければならないので、大変な作業だ。
業界では、製作閑期のお盆や、1月頃に行うことが多いようだが、そんな頃にやっていたら、暑さ寒さで身体が参ってしまうので、春先と秋口の陽気のいい時期に決めている。坩堝より命のほうが大事だ。。。
続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

体験教室

今や工房の主力アシスタントであるマリ子ちゃんの弟一家が工房に登場。
二人の姪がガラス体験をしていった。
知らないおじさんのところに来て、ゴーゴーと燃える火を前に、6才と4才はさぞかし緊張したろうに、最後は楽しそうに満足の様子だった。
大人のガラス体験は、商売気が出てしまったり、向き不向きを見定めたりとか、いろいろ余計なこと考えながらやってしまうが、子供相手は、純粋に思い出作りのお手伝いをする気持ちでできるので、こちらも心地よい。
続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 08:44| Comment(1) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月27日

かたくり本番

2455.JPG かたくりが見頃。

続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月17日

今日から教室展

2237.JPG本日より教室展がはじまります。

昨日、みなさんに代わって小林さんと搬入してきました。
今回は大きい作品は少ないですが、面白い作品がいっぱいです。
どう置いても立たない花瓶が良かったなあ。。。

週末にかけて作者がそれぞれ微調整するので、それ以降が本番です。
もっといっぱい展示できるので、遠慮せずに追加持ち込んでいただきたい!
posted by 貴島雄太朗 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月13日

教室展

来る17日金曜日から、光が丘のJ CITYギャラリーで、工房教室展を行います。

06教コ展裏.gif

joho.gif続きを読む
posted by 貴島雄太朗 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2006年03月06日

無題

2104.JPG

土日が明けて月曜も教室の日。
色ガラスを出してレッスンしていたら、お皿の上のコバルトブルーの粉ガラスが、
ナスカの地上絵に見えてきた。いや、ムンクの叫びが見えた気もする。
まずい、睡魔の予感・・・

無事教室を終えて、今日もほっと一息。
明日と明後日は量産の日だ、早く寝なきゃ。
posted by 貴島雄太朗 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか

2005年12月25日

クリスマス会

嫁の発案で、年末最後の工房での週末に打ち上げをしました。

1554.JPG

日中から随分お酒を飲んでしまい、大騒ぎでした。
最近、仲間と飲食すると、その盛り上がり方は恐いほどで、
学生時代のそれを上回るかも・・・
i川さん、k野さん、m里子ちゃんの功績は大きいなあ。
夕方、生き残ったメンバーのみ吹きおさめして、今年はおしまい。
みなさん来年もよろしく!
posted by 貴島雄太朗 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか