2013年05月09日

こんなものも。。。

展示は今日で4日目。みなさまお越し下さりありがとうございます。昨晩は20年以上前に辞した会社のみなさんにお集まりいただいて、遅くまで爆笑タイムスリップ、発散させていただきました。

今年にはいって、あるブランドのバングル制作をお手伝いをさせていただく機会があり、その余韻で自分なりのものも作ってみました。
DSC_7803.JPG
意外と頑丈なんですよ。
posted by 貴島雄太朗 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2013年05月07日

展示はじまりました

本郷ギャラリー愚怜での展示、昨日午前に搬入しそのまま初日、そして二日目を終えました。初めて、久しぶり、甘口、辛口、いろいろな想いや言葉が錯綜する場となっております。

DSC_7767.JPG

15日まで開催しています。日曜日休廊、月曜日を除く全日在廊の予定でおります。
posted by 貴島雄太朗 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2013年04月17日

この春は

不思議でした。
いつもは順番に咲く、一輪草、シャクナゲ、ツツジが重なりました。
ヤマザクラもわずかに花を残していて、ちらちらと散る様子も見えました。

DSC_7675.JPG

寒暖差が大きいとスイッチの入り方が変わるのか、例年にない光景です。
療養していた母を待っていたのかもしれないな、などと思ってしまいました。
これから次第に緑が濃くなっていきます。
posted by 貴島雄太朗 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2013年04月16日

展示のお知らせ

今年のギャラリー愚怜での展示は、5/6(月)より5/13(水)に予定しています。
今年は、色を注したものを考えています。

DM1.jpg DM2.jpg

あと2週間ちょっと、なんとか仕上げて皆様にご覧いただけますように。
期間中は、出来るだけ多く在廊しようと思っています。
posted by 貴島雄太朗 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2013年03月06日

福寿草その後

先般ご案内させていただいた福寿草、だいぶ丈も伸びてきました。
よく見ると、黄色い花弁はそのままに、真ん中に淡い緑が見えてきました。
だんだん春が確かなものになってきて、花もそんな陽気に応えるかのようです。

DSC_7362.JPG
posted by 貴島雄太朗 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2013年02月04日

福寿草

今年は例年よりすこし遅めのようですが、庭の福寿草が咲きました。
毎年思いますが、よい黄色です。春先の浅い日差しに似合います。

DSC_7007.JPG
posted by 貴島雄太朗 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラスじゃないこと

2013年01月31日

こんなことも

私の仕事は、だいたい吹きガラスがベースになっているのですが、たまにキルンワークという石膏型を用いる電気炉のお仕事もさせていただきます。これはキャストと呼ばれる鋳造ガラスの一種です。

DSC_6222.JPG

まずは粘土で原型を製作します。そして写真左から、シリコンで雌型をとり、シリコン雌型に蝋を流し込んで蝋雄型をとり、蝋雄型に石膏をかけて脱蝋して石膏雌型を作ります。石膏雌型にガラスを仕込み最高800度で五日間焼成してできあがり。

DSC_0457.JPG

そのあと必要に応じて研磨して完成です。電気炉の仕事は、吹きガラスより静かなのと時間を選ばないところがいいですが、とにかく道のりが長いです。

おっと、これがどこのなにかについてはコメントなしでお願いします。あくまでも習作です。
posted by 貴島雄太朗 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2013年01月25日

ミキモトのウインドウ

今年、ミキモトは創業120周年を迎えます。御木本幸吉が真珠の養殖に成功したのが120年前。それまで、偶然に発見される天然真珠は極めて高価なもので、王侯貴族のような人々にしか身につけられなかったものでしたが、この成功により世界中の人々がまあるい美しい真珠を身に着けておしゃれを楽しめるようになりました。
これを記念した、銀座のミキモト本店のショーウインドウ制作をお手伝いさせていただきました。

DSC_6801.JPG
サンゴが育む命溢れる海の風景です。

昨年暮れから、師とも仰ぐアートディレクターの新保さんと極めて内容の濃い仕事をすることができました。このお手伝いをさせていただくようになって十年近くになりますが、代表的な仕事になったのではないかと思っています。多くのお客様に足をとめていただけたらと心より願っております。写真追加しました。
posted by 貴島雄太朗 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2012年11月18日

より高みへ

先日設置したミキモト本店ウインドウが、少し見直されました。
全体のバランスが調整され、より多くのお客様に楽しんでいただけるようにと、いくつか配慮が加えられました。

DSC_5939.JPG
森の精は古木に宿る命の輝きに誘われ、己の姿を見入ります。
posted by 貴島雄太朗 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと

2012年11月11日

ミキモトのウインドウ

ミキモト本店のウインドウをお手伝いしました。
ガラスの枝葉と湖深く沈んでいた古木で造った冬の森の風景です。
クリスマスを迎える銀座はやはり素敵です。是非ともお立ち寄りください。

DSC_5846.JPG
夜閉店してからの設置作業は吟味を重ねながら慎重に進められ、出来上がる頃には朝を迎えていました。
求められるレベルは常に高く、それになんとか応えようとしていく過程は、必ず冒険と発見を与えてくれます。今回は極めて充実した仕事でした。素晴らしい機会を与えてくれたミキモトさんに感謝。
posted by 貴島雄太朗 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ガラス制作のこと